財産分与とは何?

よく夫婦の離婚問題などで取り上げられることがある事柄のひとつに、財産分与というものがあります。
財産分与というのは、結婚生活の中で、夫婦で協力して築き上げてきた財産を清算し、夫婦それぞれの個人財産に分けることを言います。

この財産分与の対象となるものは、貯金などの現金だけではありません。
株券などの有価証券、土地や建物などの不動産、テレビや洗濯機などの家具・家電、厚生年金や共済年金、退職金なども対象となっています。
購入したときの名義が夫であるなど、名義としては夫婦どちらかのものになっているとしても、分与の対象とされます。
例えば、家を購入したとき、夫名義で購入していたとしても、財産分与の対象となり、妻側にも分与の権利があります。

逆に対象とならないものとしては、結婚前に個人で貯めた貯金や、個人で購入した株券、自分の親から相続した財産など、
夫婦で得たものでないとされる財産は、分与の対象外となります。
また、なかなか揉めることは無いとは思いますが、衣料品や医療器具など、個人の持ち物なども基本的には対象外とされています。

財産分与は、裁判などで争って離婚するのでなければ、基本的には夫婦2人で決めるものであります。
どのように分けるかというのも、2人の自由であると言えます。

また、財産分与したものは、離婚したときに貰うというのが一番良いのですが、もしももらえなかった場合、後から発覚したのであれば、
離婚してから2年以内であれば請求することができるので、その場合は早い段階で弁護士や家庭裁判所に相談することをオススメします。

財産分与は離婚問題の中でも特に揉めることが多い事柄です。
自分が財産のうち何割貰うべきかということを考えて主張し、欲しい財産の優先順位を付けて、
時には妥協もしつつお互いの主張を擦り合わせて行っていくことが大切です。

離婚した(またはする予定)の夫婦が話しあうということは、精神的にも辛い面があるとは思いますが、
大切なことなので、最後まできちんと話し合うことができるように努めましょう。