借金はどうなるのか

離婚時に財産分与するにあたり、どうしたら良いのか気になる事柄のひとつが、 金やローンというのはどのようにするべきなのかということです。

ここで重要になってくるのは、この借金が、どういった理由で生じた借金であるのかということです。
例えば、夫婦が共同生活を送っていくにあたって必要であった借金というのは、
夫婦共同の借金であるとみなされ、マイナスの財産とされて分与の対象になります。

夫婦共同の借金とみなされるものの例としては、
生活をしていく上で欠かせない食料や日用品の購入、医療費、子供の教育費などがそれに値します。
マイナスの財産がある場合は、プラスの財産からこのマイナスの財産を引いて、それぞれに分与されることになります。

反対に、パートナーのどちらかが夫婦の共同生活と関係のない借金をした場合は、片方のパートナーがそれを背負う必要はないのです。
借金をした側個人のマイナス財産として考えられることになります。
共同生活と関係のない借金の例としては、パチンコや競馬などのギャンブルでお金を借り入れた場合や、
キャバクラなどで使ったカードローンなどがそれに値します。
どういった意味合いの借金であるかということで、財産分与の対象になるか対象にならないかとういことが決定するわけなのです。

ですが、借金の保証人になっている場合は、それが離婚と同時に解消されるということは無いので注意が必要です。
連帯保証人というのは、夫婦との契約では無く、借入先と保証人との契約になるため、
借入先の同意を得ることができなければ、保証人を抜けることはできないのです。

連帯保証人というのは、債務者と全く同じだけの責任を負わなくてはならない立場です。
ですから、それを抜けたいということになると、現在の保証人に代わる連帯保証人を用意することができるのならば、
借入先から同意を得られることがあります。

それは例えば両親や兄弟、親族などで、一定の収入や安定した資産を持っている人などがそれに値します。
どちらにせよ、連帯保証人は簡単に抜けることはできないと思っておいたほうが良いでしょう。