預金などお金の分与

財産分与というのは、離婚するにあたってとても重要な事項になります。
お金が全てであるとは言いませんが、離婚後の生活の負担(子供がいる場合は特に)を少しでも減らすために、
できることならお互いが納得した形で財産分与ができると良いと思います。

離婚時の財産分与の定義は、「夫婦で築き上げた財産を、清算して分け合う」というものになります。
つまり、結婚生活の中で夫婦で得たとされる共同財産を分け合うということです。

離婚後は、夫婦のどちらかのうち、生活能力のある方が、
もう片方の生活能力の弱いパートナーを扶養する義務があると考えられています。
そのため、そういったことも考慮した上で財産を分け合う必要があるとされているのです。

ちなみに、離婚時の慰謝料というのは、財産分与とは別のものになります。
慰謝料というのは、損害賠償の意味を持つため、財産分与とは異なるのですが、財産分与の中に慰謝料を含めることも可能となっています。
また、財産分与と慰謝料は別ものであるということから、浮気などの離婚の原因を作った側にも、財産分与を請求する権利はあるとされています。

さて、実際に財産分与をするにあたり、銀行などに預けてある預金はどのようにして分与されるのでしょうか。
結婚前に、個人で貯めていた預金というのは、夫婦共有で築き上げたものではないため、基本的には財産分与の対象外であると言えます。

しかし例外として、結婚生活中の生活費は、すべて妻の預金を使用し、旦那の預金には一切手を付けなかったという場合には、
旦那の預金も財産分与の対象とされることがあります。
預金がどちらの名義であるかということは、このとき関係はありません。

また、共働きで生活費をお互いに決まった額を入れていて、その他のお金は個々で管理していたという場合。
それぞれ個人の財産であると考えられるため、財産分与の対象外となることもあるようです。
ちなみに入籍前に同棲していたという場合も、結婚生活中と同じであると判断されるため、同棲期間中に築いた財産も分与の対象となります。

このように、夫婦の生活形態やお金の管理状態などによって、分与の仕方や定義が若干異なることもあります。
ですから、どういった意図で預金をしていたのかということや、結婚生活中のお金の流れなどをあらかじめ把握しておくことが大切になります。