家や土地の分与について

財産分与をするにあたって、大きな財産として分与のときに問題になったり揉めたりしがちであるのが、
家や土地などの不動産ではないでしょうか。
現金や家財などと違い、ローンなども絡んでくるために、分与の仕方が少し複雑になります。
また、その後住み続けるかどうかということや、ローンをどのように払い続けるかということなども問題になってきます。

こういった不動産の分与には、どのような方法があるのかということを、ご紹介します。

まず、最も簡単な例としては、離婚するにあたって住宅を売却するという場合です。
住宅を2000万円で売却したとして、その時点でのローンの残額が1500万円、売却手数料が100万円かかりました。
それらを差し引きすると、最終的な手取り金額は400万円になります。
この400万円が、財産分与の対象という形になります。

次の例は、妻が家を出て行き、夫がその家に住み続けてローン返済も行っていくという場合です。
この場合は、出て行く妻に対して現金などで財産分与が行われることになります。
分与される金額の算出方法は、家の時価から住宅ローンの残額を引くという方法をとります。
時価が2000万円の家のローンが1500万円である場合は、財産分与の対象金額は500万円となります。

金額が大きいため、夫側が現金一括で支払うことができないという場合もあるかと思いますが、
そんな場合は分割で支払いを求めることができます。

次の例は、住宅名義を妻に変更し、妻が残って夫が出て行くが、ローンは夫が支払うという場合です。
この場合は、家に関して夫の負担が大きくなってしまうため、その他の財産分与の割合を調整したりします。
子供の養育費を少し減らすなどという形をとって、不公平にならないようにする必要があります。

しかし、夫側が後々住宅ローンの返済が不可能になってしまった場合、家を差し押さえられ、
妻が家を出て行かなくてはならない可能性があります。
そういった可能性を考慮した上で選択をするようにしましょう。

このように、不動産関係の財産分与は、ローンや時価などが絡んでくるために、自分達だけでスムーズに解決することは難しい場合もあります。
そんなときは弁護士や専門家などに相談したり依頼をすることで、
公平に分与できるように協力してもらえますから、活用するようにしましょう。