結婚期間中の財産が対象

財産分与を行うにあたって分与の対象となるものは、結婚生活の間で築き上げてきた財産です。
それは、貯金や現金だけではありません。
土地や家などの不動産、株券などの有価証券、絵画や骨とう品などの価値のある物、
電化製品や家具、退職金、年金など、多くのものが対象となっています。

結婚する前に個人で持っていた財産や、たとえ結婚期間中であっても自分の親から相続した財産は、
夫婦で築き上げた財産では無いため、対象外となります。

妻が専業主婦で、夫が稼いで得た物であっても、妻が財産をもらえる権利があります。
なぜならば、夫が稼いでくることができたのは、妻の支えや協力があったからであります。
そのため結婚生活中に築き上げた財産は、どちらの名義であったとしても、基本的には夫婦共有の財産であると考えられます。

裁判などでは、その財産を得るためにどれくらい貢献しているかによって、公平に分けるべきであるとされています。
自分達には、どのような財産があるかということを特定しておかなければ、あくまでも対象にはなりません。

たとえば夫が妻に内緒で隠し財産を持っていて、それが最後まで発覚しなかった場合は妻がその財産を分与してもらうことはできません。
ですから、相手がどんな財産を持っているのかということを、ハッキリとさせておくことが重要です。

この財産分与というのは、基本的には夫婦2人で話し合うものとされています。
それでも揉めてしまったりして決めることができない場合は、家庭裁判所に相談することで、財産分与の申し立てをすることができます。

しかし、これは離婚後2年以内でないと請求することができなくなってしまいますから、早い段階で相談するようにしましょう。
離婚する2人が話し合うということは、精神的にも辛いですし、財産分与以外にも子供の親権や養育費などについても話し合う必要があるため、
もしもスムーズに話し合いができそうになければ、あらかじめ弁護士などの専門家に相談をしながら解決していくことをオススメします。