財産分与のポイント

財産分与を行うときにポイントとなるのは、財産分与の対象になるものと、対象にならないものとを見極めなければならないということです。
これをしっかりと行っておくことで、分配を取り決めるときにスムーズに話し合いができたり、後々のトラブルを防ぐことができますから、
まずは財産のリストアップを行うところから始めましょう。

財産分与の対象となるものは、夫婦で結婚している間に協力して築き上げたものであるとされています。
例えば、現金や銀行の預貯金、株券、家や土地などの不動産、自動車、積み立て型の保険、家具家電などがその対象となります。
また、住宅ローンや、生活のために夫婦で借り入れた借金も、負の財産として分与の対象となります。

夫の退職が近々あるという場合は、その退職金も分与の対象となることがあります。
退職金のうち、勤続年数の中で結婚年数に値する割合が、分与の対象とされます。
しかし退職時期があまりに遠い場合は、退職金そのものが受給されるか不明確であるために、分与の対象とならないことが多いようです。

反対に財産分与の対象外となるものは、夫婦固有の財産であるとされています。
例えば、双方が結婚する前から持っていた預貯金や、結婚したときに実家から持ってきた家具家電、
そして両親から相続されたり贈与されたものも、夫婦で築き上げたものではないため、分与の対象外となります。

ローンや借金に関しては、どちらかがギャンブルな浪費などで作った借金である場合は、分与の対象外となり、
借金を作った本人のみが背負うことになります。

しかし、連帯保証人になっている場合は、離婚したからといってその保証人も解消されるということはありませんから、
その辺りの手続きや契約内容の変更を行う必要があります。

財産分与の対象となるものは数多くあります。
ただでさえ離婚をするときは色々と大変なことがあり、面倒だと思うことが多いのに、
財産をひとつひとつ考えて分与するという作業は非常に大変だと思います。

ですが、財産分与は後々にトラブルになりやすい事柄なので、しっかりと話し合うことが大切です。
話し合いがスムーズに行かない場合は専門家や裁判所に相談しましょう。

ちなみに財産分与の請求は離婚から2年以内しかできません。
ですから、もしも財産分与をせずに離婚した方で、やっぱり財産分与をしたいという場合は、早めに専門家に相談したほうが良いでしょう。