財産分与の対象で無い物とは

夫婦が離婚をするとき、問題になってくる事柄のひとつが財産分与です。
どの財産が分与する対象であるのかということや、逆に対象外である財産とはどんなものなのかということを
事前に知っておくことは非常に大切なことです。

財産分与の対象となるものは、結婚期間中に夫婦の協力によって築き上げられた財産です。
夫名義、もしくは妻名義の財産であっても、結婚期間中に築いたものであるならば、それは共有の財産として扱われるため、
基本的には財産分与の対象となります。

では、逆に財産分与の対象で無い物というのは、どういったものがあるのでしょうか。
財産分与の対象外となるものは、結婚する以前から所持していた財産がそれに値します。

例えば、独身時代に貯めた預貯金や、購入した株式などはそれに値します。
妻であれば、嫁入り道具などは結婚以前の妻の財産としてカウントされるため、財産分与の対象外となります。
また、結婚期間中であっても、両親から相続した遺産や、贈与された財産というのは、夫婦で築き上げたものではないため、
財産分与の対象外とされます。

しかし、両親から相続した土地の価値が著しく上昇して価値が上がったという場合や、
パートナーの手助けが無ければ、その財産を相続することができなかったという場合などは、財産分与の対象となる場合もあります。
この辺りは非常に難しい点でもありますから、事前に確認して整理しておくと良いでしょう。

他にも、日常生活の中で、夫専用・妻専用などという形で私物として使用してきた物も、財産分与の対象外となります。
例えば、夫が私物として使用していたパソコンや、妻が使用していたジュエリーなどは、それに値します。

財産分与というのは、裁判を行っても、それぞれの夫婦によって分与の仕方が異なります。
夫婦によって、事情やこれまでの生活状態などが全く異なるため、それに合わせた分与の仕方となるためです。

場合によっては財産分与の話し合いの中で、スムーズに話し合いが進まないということもあると思います。
そんなときは弁護士や裁判所などに相談して、仲介に入ってもらうと良いでしょう。